家族が病気や怪我をしてしまった。
家族が障害を負ってしまった。
多くの場合はまず病院へ行くことと思います。
しかし、症状が慢性化してくると、病院で治療するより自宅で過ごしたいという人が増えてくるものです。
また、家族が病院へしょっちゅう付き添うことができない場合にも自宅療養、自宅看護が必要なときもあります。
しかし、家族だけでは看護が行き届かないことがあります。
医療行為に当たる看護に関してはいくら家族でも許されていないものが多いです。
そういった医療行為は看護師が行わなくてはなりません。
そのたびに病院へ受診する方法と、訪問看護師に自宅へ来てもらう方法があります。

訪問看護師とは、訪問看護ステーションに在籍し、家族で看護されている患者さんの自宅へ必要に応じて訪問します。
患者さんの看護を行うほか、家族で看護する場合の注意点や家族の看護が楽になるようなアドバイスなどを行います。
必要に応じて病院受診などにも付き添ったりします。
さらに、家族の看護を助ける看護師として家族支援専門看護師という看護師もいます。
この家族支援専門看護師は2008年に新しくできた専門看護師の一つで、病気の患者さんの看護というよりは病気の家族を看護する家族を支援する看護師という役割が強いです。
入院、在宅療養にかかわらず、患者を取り巻く家族を全体的に観察し、患者、家族療法の心身の負担を軽減させる工夫をする仕事をしています。
このような看護師に支えられながらよりよい家族介護を提供する事ができるのです。
下記のサイトで家族支援専門看護師について分かりやすくまとめられてますので、よかったら参考にされて下さい。

関連リンク:もし家族が病気になったら-こころのサポートチーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー


アーカイブ